環境

  • Raspberry PI 4 Model B
  • SDカード: Samsungの128GB
  • OS: Raspbian Buster Lite
  • 作業: Windows

ダウンロード: Raspbian

結構時間かかるので先にダウンロードしておきます。minimalで使いたいので今回は、 Raspbian Buster LiteをDLしました

ダウンロード: Etcher

SDカードにRaspbianのイメージを書き込むのに使います。これもダウンロードしておきます。

SDカードをフォーマット

市販のSDカードは、64GB以上?だとexFATでフォーマットされてるらしいです、FAT32でフォーマットし直します

FAT32 Formatというツールを使用してフォーマットします

Raspbianを書き込む

RaspbianとEtcherがダウンロード出来たら、zipを展開してEtcherを起動し、RaspbianのimgをSDカードに書き込みます

SSH接続出来るようにする

Raspbianの書き込みが終わったら、bootというボリュームラベルのディスクがWindowsで見えるはずなので、そこにアクセスし、以下の作業を行います

  • [新規作成]→[テキストドキュメント]
  • sshというファイルを作成(拡張子の .txtは不要)

これで起動時にSSH出来るようになります

起動してSSH接続する

有線LANケーブルで接続してラズパイを起動します。無線はまだ繋がりません

ちゃんと起動してそうなら、ssh pi@raspberrypi.localすると繋がります。初期パスワードは、 raspberry

接続後、パスワード変更する場合は、 sudo raspi-configを実行

その他